おすすめ情報・PR情報

お客さまの声をもとにしたサービス改善への取り組み

東武鉄道では、お客さまから寄せられた「声」を、社内共有し、改善に取り組んでおります。お客さまの声を改善に活かした事例をご紹介いたします。今後もお客さまの立場に立って改善に努めて参ります。

事例紹介 〜平成26年度(抜粋)〜

60000系のカーテン使用説明ステッカーについて

60000系のカーテン使用説明ステッカーについて

お客さまの声:「車両の窓にカーテンの使用の説明書きが貼ってあるが、カーテンが閉まっているときは、説明ステッカーを読むことができないので、見やすい場所に変更してほしい。」

⇒60000系においては、説明ステッカーの貼付け位置を窓の両側に変更しました。
(平成26年5月〜)

運行情報メールについて

運行情報メールについて

お客さまの声:「運行情報メールの振替輸送などの情報がわかりづらい。」

⇒運行情報メールが、わかりやすく、便利になりました。
●シンプルでわかりやすい「エリア別」の登録方法になりました。
●これまで配信対象時間外だった「始発〜6時」と「22時〜終電」も選択できるようになりました。
●メール本文に、振替輸送の範囲がわかりやすく表示されるようになりました。
(平成27年3月〜)

特急券のインターネット予約について

特急券のインターネット予約について

お客さまの声:「インターネット予約をした特急券は、前日までに引換なければならず不便です。乗車当日でも引換ができるようにしてほしい。」

⇒乗車日の7日前から前日までのご予約であれば、東武鉄道各駅で当日、引換が可能になりました。(当該列車の乗車駅発車15分前まで)
(平成27年3月〜)

エレベーターの新設について

エレベーターの新設について
下今市駅のエレベーター

お客さまの声:「階段をのぼるのが大変です。」

⇒新古河駅、下今市駅、岩槻駅、上板橋駅に、自治体のご協力のもと、エレベーターを新たに設置いたしました。平成27年度も順次設置を予定しています。

トイレのリニューアルについて

トイレのリニューアルについて
鉢形駅のトイレ

お客さまの声:「トイレを使いやすく、きれいにしてほしい。」

⇒谷塚駅、多々良駅、鶴瀬駅のトイレをリニューアルしました。また、自治体のご協力のもと、新古河駅、下今市駅、鉢形駅の多機能トイレを整備しました。平成27年度も順次リニューアルを予定しています。

手荷物のマナー啓発について

手荷物のマナー啓発について
中吊りポスター

お客さまの声:「ドア付近へ大きい荷物を置く人がいるので、電車に乗るときにぶつかってしまう。」

⇒手荷物のマナー向上を啓発するポスターを車内に掲出し、車内放送などとあわせてお客さまへの周知を図りました。
(平成27年1月〜3月)

デジタルサイネージ(運行情報表示器)の導入

デジタルサイネージ(運行情報表示器)の導入

お客さまの声:「輸送障害時に振替輸送がわかりづらい。」

⇒振替輸送の案内などの情報をわかりやすくご案内するため、大宮駅・池袋駅・和光市駅・朝霞台駅・川越駅にデジタルサイネージ(運行情報表示器)を設置しました。
※浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、押上駅、北千住駅、新越谷駅には、デジタルサイネージ(運行情報表示器)を導入済み

お客さまの流動について

お客さまの流動について
船橋駅

お客さまの声:「電車を降りると、乗る人とぶつかってしまうので何とかしてほしい。」

⇒電車を降りられたお客さまは階段へ向かわれるので、矢印ステッカーを貼り、お客さまがスムーズに乗降できるようにしました。

TOPへ戻る